胡蝶蘭の種類・選び方

ここでは移転祝いや就任祝いなどの贈答用で送られる胡蝶蘭の種類・選び方について紹介します。

 

胡蝶蘭を選ぶときはまず何を基準にして選ぶかを決めます。

代表的なものだと以下のような観点から選ぶことが一般的です。

・予算

・花の色

・花のサイズ

・用途

・立数

それぞれについて簡単に説明していきます。

 

・予算で選ぶ場合

胡蝶蘭の金額がリーズナブル5000円程度のものから、見るからに豪華な5万円を超えるものなど幅広くラインナップありますが、法人間で贈答用として送るのが目的の場合、相手やイベントの重要度に合わせて20000円~50000円の金額帯で選ばれることが多いです。

 

・花の色で選ぶ場合

一般的なのはやはり白が多いですが、ピンクや赤など色のあるものも生産している方はいます。あとは白とピンク系を混ぜ合わせたミックスで作っている場合もあるようです。

ここで気をつけておかなければならないポイントとしては、飲食店の開店祝いなどでは、赤色の胡蝶蘭を送ることは避けましょう。なぜなら、赤・・・炎の色であることから火事など連想させるとしてタブーとされています。きれいで目立つ色だからといってうっかり送ってしまうことのないように注意しましょう

 

・花のサイズで選ぶ場合

胡蝶蘭は、通常花の大きさで金額が分かれます。呼び方は生産者によってそれぞれですが、大輪・中輪・小輪のように分かれていることが多いです。

やはり、(立数等によってもかわりますが)花のサイズが大きい方が金額は高くなりますので、相手の重要度やイベントごとによって使い分けるのが良いかと思います。

 

・用途で選ぶ場合

法人間で胡蝶蘭を送るタイミングは基本的に何か用途(イベント)が発生したときでしょう。そのためどのような用途(イベント)なのかで送る胡蝶蘭を変えると良いかと思います。

例えば、開業の場合、新たなスタートを切る大切な日の場合、予算に余裕のある場合は3本立ち、5本立ちがおすすめです。特に5本たちは華やかな仕上がりになるため、とりわけ重要な相手へ送る場合5本立ちを送ると良いでしょう

 

・立数で選ぶ場合

 立数で選ぶ方法も一般的な方法です。基本的には、1本立ち、2本立ち、3本立ち、5本立ちと分かれています。法人間で送る場合は3本立ちもしくは5本立ちが選ばれることが多いです。以前の項目でも記載した通り、予算はもちろんのこと相手の重要度に応じて選ぶことが良いでしょう。

 

以上、観葉植物の選び方についてでした。